• 産業用分野の注目

    工事中

    住まいへの設置のイメージが強い太陽光発電の設備ですがそんなことはなく、近年では産業用分野でも注目や使用がされています。この実態などについて詳しく把握していきます。

    Read more
  • 再生可能エネルギー

    自転車置き場

    再生可能エネルギーとして最も有効なのが、太陽光発電です。家庭に太陽光発電を導入するところは増えていますが、事業として考えると大きな面積が必要なので、簡単に導入するのは難しいです。また、買取価格も下がってきています。

    Read more
  • 太陽光発電の投資

    自動ドア

    太陽光発電を設置することでお金を稼ぐことが出来ます。つまり、この発電システムを導入することは投資のひとつなのです。システムが生産した電気を、電力会社に売ることが出来るという制度が、ミソです。

    Read more
  • 設置を考える

    古い木々

    電気料金が値上がりしてしまっている今、自らで発電してしまえば負担を軽減する事が可能です。その方法が太陽光発電システムの導入です。しかし導入価格は膨大な金額であるので、しっかりと検討をするべきです。

    Read more

自然を利用

低価格に抑えたい方は事前に調べておきましょう。太陽光発電の価格をチェックするならこちらが便利ですよ。

初めての投資を始めるなら太陽光発電の投資がオススメです。確実に利益を得る事ができるので土地活用かつ投資を始めたい方はチェックしましょう。

規制緩和され、いよいよ普及段階へ

2011年に起きた原発事故以降、再生可能エネルギーの利用が進んできています。 一般の住宅の屋根にもソーラーパネルを見かけることが、増えてきました。国土の狭い日本において、屋根の利用は非常に合理的であると言えます。 それとは逆に、巨大なソーラーパネルを広大な土地に設置して発電する光景をテレビなどで見ることがあります。クリーンな発電であることは良いのですが、土地の有効利用という観点からみると、もったいなく感じます。 しかし2013年に政府が、農地転用の一時利用を認めるという規制緩和を打ち出しました。これにより、農作物を作るその頭上にソーラーパネルを設置することができるようになりました。これにより、ソーラーシェアリングが本格的な広がりを見せています。

セミナーや農作業体験も行っています

ソーラーシェアリングとは、実際に農作物を作っている農地に支柱を設置し、短冊状のソーラーパネルを並べます。農業と太陽光発電を同時に行うものです。 農作物が受ける太陽光が少なくなり、収穫や品質に影響がでるのではと考えるかもしれません。しかし収穫や品質には問題ありません。植物は一定の太陽光があれば十分で、それを超える光を浴びても活用できません。 作物が使いきれない太陽光をエネルギーに替えるという一石二鳥の使い方なのです。ソーラーシェアリングは普及を促進する協会を中心に全国で運営が始まっています。ソーラーシェアリングの認知度を上げるために、セミナーなども開催されていますし、一般の人にも理解してもらおうと、農作業体験会を実施している団体もあります。耕作放棄地がよみがえることにもなり、農業従事者を増やすことも期待できるソーラーシェアリングから目が離せません。

エコに貢献できる太陽光発電の価格をチェックするならこちらのサイトがわかりやすいのでオススメです。

投資も可能な太陽光発電で土地活用する事が可能です。格安に施工できるので費用を抑えたい方にオススメですよ。

よく分からないソーラーシェアリングの基礎工事はスクリュー基礎抗を使用することが重要です。依頼することで短期間の設置ができますよ。